兵庫県尼崎市の太陽の子(ひかりのこ)保育園です!平和を守り、子どもたちの全面発達と働く婦人の権利保障のためにみんな手をつないでいきましょう。

by hikarinokohoikuen

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

踊りの練習っ!

9月1日の太陽の子まつりで披露する踊り「ヨッシャ来い!」を

保育士+お母さん有志で練習しました!


ぱっとみたら簡単そうだけど、いえいえ、結構、難しいんですよ~!

b0117125_22303348.jpg


当日は鳴子を持って踊るアレンジにして かっこいいとこ見せちゃいますよ!


汗いっぱいかいて、練習しています!

お楽しみに!!
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2012-08-23 22:31 | 太陽の子保育園の様子 | Comments(0)
b0117125_23438100.jpg


第44回 全国保育団体合同研究集会が終わりました。

全国から10256名もの方々の参加をいただきました。


太陽の子も最後の最後まで目標に向けてガンバリました。


オープニングでは銀河さんが超かわいい「いつもの」姿を見せてくれました。

とってもきれいな歌声がワールドに響いていましたね。。。





2日目は遠い遠い神戸学院大まで行った保護者さんも何人もいましたよ。



3日目は落合恵子さんの記念講演。



ほんとに、身に沁みいりました。


知る、学ぶ、そして、イヤなものをイヤとしっかり言える。

そのチカラをつけていかなきゃいけない時代なんだなと思いました。


知らなかった、知らされなかった、では、もうすまされないのです。



集会終了後の保育大集会(東遊園地)。

b0117125_95572.jpg


保護者さんも来てくださいました!!



柔らかくつながって、こどもを守る、平和を守る力を

大きく、大きく、育てていきたいですね。
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2012-08-21 09:06 | 太陽の子保育園の様子 | Comments(0)

原爆パネル展示

b0117125_1651599.jpg


b0117125_1653631.jpg



被団協の作成した新しい「原爆パネル」を購入し、

たくさんの人に見てほしいと思って、外に展示してみました。



被ばく直後の写真には、直視するのがとてもつらい写真もたくさんありました。

展示をどうしようか、戸惑いましたが、

歴史の事実から目をそむけていてはいけない。

核の恐怖は昔のことじゃない。今だって福島では故郷を追われ、仕事もなくし、

家族バラバラにさせられているのです。核のせいで。


そして、私たちのすぐ近くでも大飯原発は動いているのです。


核と人類は絶対に共存できない。

そういう思いをしっかりと胸に刻み付け、

そして、私たちは「黙っている大人にはならない」ことを決意したい、

そういうメッセージを込めて、展示をしました。



帰りに親子で展示を見てくれていたり、

涙を流しながら展示の前でたたずむお母さんもいました。



階段の踊り場では、平和絵本を20冊以上、展示・貸出をしています。

幼児さんたちが次々に借りてかえって、おうちで親子で読んでくれています。



展示は道を歩くベビーカーを押すお母さんや

自転車をとめて見入る小学生や

バス停に歩くお年寄りや

隣のファミマのお客さんも見てくれます。


自分で「見に行こう」と思わない限り、一生、目に触れることもなかった

原爆の悲惨さを知るきっかけになってくれることを信じて…
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2012-08-13 17:07 | 太陽の子保育園の様子 | Comments(0)