兵庫県尼崎市の太陽の子(ひかりのこ)保育園です!平和を守り、子どもたちの全面発達と働く婦人の権利保障のためにみんな手をつないでいきましょう。

by hikarinokohoikuen

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

田植え体験



e0112523_1749092.jpg


e0112523_17473561.jpg
e0112523_17475388.jpg



e0112523_17481298.jpg

e0112523_17483290.jpg



e0112523_17491768.jpg


先週の予定だった氷上まで、念願の田植え に行ってきました!

今回は、太陽の子・杉の子・食満太陽の子・ひまわりの4園の参加です。

とっても良い天気で、スズメやツバメが優雅に飛んでいます。
到着すると、見渡す限り田んぼ!田んぼ!
歩くたびにカエルが何匹もピョンピョン飛び回ります。

保育園に、産直の野菜を毎週届けてくれている氷上産直センターの秋山さんとお仲間の皆さんから、田植えのやり方を教わりました。

「苗は3本ずつ取って、お箸を持つようにつまんで植えるんだよ」
「え〜!固いなぁ〜!」

苗のかたまりからもぎ取るのに一苦労のこどもたち。
早速、田んぼのぬかるみに入ると足が抜けない!進めない!
後ろ向きに植えて行く作業にまたまた一苦労!
でも、だんだんコツをつかんで田んぼの一画を植え尽くして行く子どもたちです。

農薬や化学肥料を使っていない田んぼの中には、
カエルの他にアメンボ、みずすまし、ゲンゴロウ、なんとシジミまで生息していて子どもたちは大喜び!
そのうち、ドロドロになって田植えよりも泥んこ大会にもなりました。

一仕事後のおにぎりの美味しかったこと!

「お疲れ様!これどうぞ!」と労いの言葉と朝どりのイチゴを頂きました。


田植えや農業は人の努力無しには成り立ちません。
適当なことをしていては、作物は育ちません。
お米作りや農業は科学!だと思いました。
だから、一粒一粒感謝して頂きたいと思います。

日本の農業を守ろうとしている大人がいることを、子どもたちに伝えていきたいと思います。

美味しいお米が出来ますように!
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2012-05-21 17:53 | 銀河ぐみ5歳児 | Comments(0)
「子ども子育て新システムは廃案に!」

 五月晴れの13日、保育を市場化し世界に誇る日本の保育制度を根本からくつがえす

子ども子育て新システムを廃案に!という声をあつめた大きな集会が

東京・明治公園で開かれました。

太陽の子保育園から園長with孫(^o^;が参加してきました!

なんと6千人をこえる親子、保育園関係者が集まりました。

舞台ではいろんな趣向をこらした替え歌やダンスなどが繰り広げられ

思い思いに新システム反対の気持ちを表現しました。

b0117125_17572340.jpg
b0117125_17574018.jpg
b0117125_1758159.jpg




 国会では、「すべての子どもに良質な生育環境を保障する」として、「子ども子育て新システム」関連法案の審議を開始しました。
 しかし、私たちはこの新システムが国や自治体の保育保障責任を投げ捨てて、保育を市場化、産業化してもうけることのできおる仕組みに変え、子どもたちから安心できる保育の場を奪い去るものだということを知っています。

 保育所を利用したくてもできない保護者の切実な声
 震災や原発事故で大きな被害を受けながら、子どもたちのためにがんばる保育者の思い
 保育施設での事故でかけがえのない命を奪われた保護者のねがい
 介護や障害分野と同様に、福祉としての保育が壊されることを危ぶむ研究者の訴え

「どの子の命も安全に守られ、安心できる環境のもとで、子どもたちを豊かに育てたい」という私たちのねがいは、新システムでは実現できません。
                   (集会アピールより)
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2012-05-16 17:54 | ※その他おしらせ | Comments(0)

大好き マンボウ

b0117125_23392436.jpg

b0117125_232747100.jpg
b0117125_2328123.jpg
b0117125_23281340.jpg


かわいいでしょう?

乳児さんが手にはめているのは、マンボウのアクリルたわし。

「編んだらもんだら」という名前で販売されているものを保育士が見つけてきました。


これを作ったのは、東北の仮設住宅に入っているお年寄りたち。

畑も田んぼも失い、仮設に入ったもののやることがなく、

テレビを見ることしか楽しみもなく伏せることが多くなってしまった方々を見て

RQWというNPOがこの仕事を思い立ち、販売を仲介しているようです。



集まってお茶を飲みながら手仕事をしていると、元気になるお年寄りたち。

ホームページにはニコニコの笑顔が輝いていました。




子どもたちはマンボウがダイスキです。

子どもの手にすぽっとはいるサイズで、手人形のようにして、

自分に「ちゅっ♪」  お母さんや先生に「ちゅっ♪」しては

キャッキャと笑っています。



関西から東北はつい遠くて、どう支援していいかもわからなくなりますが、

こんなふうに生活の中に笑顔を届けてくれる物との出会いもまた、

支援なんだなあ、と思います。



かの地で一生懸命、生きておられる方々に1日もはやく

平穏な生活がまた戻ってきますように。
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2012-05-15 23:38 | 太陽の子保育園の様子 | Comments(0)

こいのぼりクッキーだよ

b0117125_138418.jpg


玄関に展示しています♪

「かわいい~」「おいしそう~」と

通りがかる親子や保育士がみんな声をあげていきます。

今年、入職した給食の先生が作ってくれました!
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2012-05-01 13:09 | こだわり給食 | Comments(0)