兵庫県尼崎市の太陽の子(ひかりのこ)保育園です!平和を守り、子どもたちの全面発達と働く婦人の権利保障のためにみんな手をつないでいきましょう。

by hikarinokohoikuen

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4月号ができました。
テレビ漬け、ゲームやビデオやケータイなど 
子どもたちの育つ環境には メディアがいっぱい。
興味をそそられる中で メディア漬けの子育てになっているのでははないか、
そんな中で子どもたちは どうなっていくのか 
「深刻な状況です」と 問題提起をしているのは小児科の医師です。
まずは 0才の子どもたちにとって という 内容から書いています。
保育園の掲示板の下にもつりさげてあるので ご自由にどうぞ
b0117125_874237.jpg

[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-25 18:51 | 子育てしんぶん
カンパ箱を玄関においてから 次々と 義援金がよせられています。
「被災した子どもたちに 必ずつかわれますか」という 質問があり、
保育団体を通じて現地の保育関係者にとどくこと、阪神淡路大震災のときも 
保育所にいけない子どもたちを青空保育したり、
避難所を回って 紙芝居や手遊び 集団あそびをしたり、
もちろん炊き出しをして届けたりと、被災者救援につかわれて 
本当に助かったことなど話しました。
そのお母さんは おりづるを入れた袋にお金を入れて
メッセージを書かれていました。
みんなの気持ちを届けたいと思います。
b0117125_8412729.jpg

[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-17 08:41 | 太陽の子保育園の様子

卒園おめでとう

卒園と成長を祝う会が目前です。
おめでとうの花束パンが 飾られました。
行事にいつも かざりパンで気持ちを寄せてくれるM先生からです。
b0117125_8325241.jpg

[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-17 08:33 | 太陽の子保育園の様子

祝う会の練習が 続いて

2才クラスの11ぴきのねこのごっこあそびをしました。
にゃごにゃごと猫語で とても元気なアルタイン号ぐみ。
おおきなさかなとのやり取りや 
おおきなさかなをどうしてつかまえようかと かけひきをたのしんでいます。 
お話は 毎日少しづつ変わっていますが、本番では おさかなを食べて
めでたしめでたしに なるかどうか たのしみです。
b0117125_1533332.jpg


銀河(年長)は 午後にも 劇の練習です。
ふなひきたらあ のお話を順をおって 場面場面を作り上げてきました。
おきなわの人たちが どんなに苦しい目にあっても 
力をあわせて 生きる道をきりひらいてきたのかを
ふなひきたらあ という 人物を中心にえがきます。
だんだんと 気持ちもはいっています。
b0117125_15471964.jpg
b0117125_15474121.jpg
b0117125_15483534.jpg

[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-16 15:50 | 太陽の子保育園の様子

東日本大震災

テレビにうつしだされる 信じられない光景。
東日本大震災は、多くの犠牲者を万単位で生み出しました。
全国保育団体連絡会では いまだ連絡のとれない県があり、
その安否が心配されています。
保育所はお昼寝から起きだして身づくろいをしていたであろう時間帯です。
子どもたちや保育士は どうなったのか。
保育所ごとながされたことは 
あの惨状をみると つらいけれども 事実です。
保育団体から 救援の義援金募金の訴えがあり、
さっそく太陽の子でも 玄関にカンパ箱を置きました。
翌日3才児クラスの子どもが 自分の貯金箱を持ってきてお母さんと 
「地震のひとにあげます」と言ってくれました。
今私たちができることを していきたいと思っています。
b0117125_10403035.jpg
  
 
[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-16 10:39 | 太陽の子保育園の様子

お雛様献立で

ひなまつりの今日の献立は
b0117125_1653333.jpg
 
ちらしずしとハマグリのおすいもの おやつは 三色だんごです。
給食室では ひしもち型の三色だんごを作って飾ってくれました。


玄関には かわいいお雛様が飾ってありますが、
もうひとつ かざりパンのお雛様もお目見えしました。
b0117125_1851199.jpg

[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-03 18:51 | こだわり給食

銀河太鼓の練習風景

祝う会での銀河ぐみがたたく太鼓。
銀河太鼓は 子どもたちの気持ちを一つにしていく取組です。
今年は 言葉を入れた工夫をしています。
ひとりひとりが バチの持ち方や たたき方から 教えてもらいながら 
みんなの気持ちを合わせていけるように練習しています。
太鼓は 大好き 子どもたちは 真剣です。
b0117125_814895.jpg
b0117125_814321.jpg
b0117125_8152515.jpg

[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-01 08:16 | 銀河ぐみ5歳児

総会をしました。

年に1 度の総会では お母さんたちのいろんな声が聴かれます。
今年は 新しく地域から参加したお母さんたちが多く、
この虹の会にたどりついた いろんな思いが聞かれました。

「同じ悩みを共有できる仲間に出会えてよかった。」
「子どもが 安心できる居場所が大切と分かった。」
「これまで 本当にわが子と 向き合えていなかったと思う。」
「無理かなとあきらめていたのが いろんな行事に参加でき、
自分がわが子に限界を引いていたのかと反省。」
「助けて助けられる関係がここにあることを実感している。」
b0117125_757469.jpg
b0117125_7572628.jpg

子どもたちは お母さん祖たちが真剣に話し合っている間ボランティアさんと
遊んで待ちます。
b0117125_7575381.jpg

総会の後は お寿司を囲んで 歓談タイム。
新しい人とのかかわりが またぐっと深まります。
b0117125_83896.jpg

[PR]
by hikarinokohoikuen | 2011-03-01 08:03 | 障がいのある子と親の会・虹の会